こんにちは。

本日は、華北平原中部の水不足について取り上げます。


華北平原中部は面積が約62,000平方キロメートルで、
中国の2つの「百万都市」の北京と
天津(総人口 2,600万人)の主な水の供給源だそうです。
華北平原の地下水がこの地域の水供給の90%も占めているそうです。


年間平均で約71億立方メートルの淡水が作られているそうだが、
近年、この地域で供給された水需要は
年間平均121億立方メートルだそうです。
年間の水使用量は、
2030年までに158億立方メートルまで増加すると予測されています。
都市部の生活用や農工業用水の需要が急増しているため、
地下水をひどく過剰にくみ上げらているためだそうです。


そのため、2030年までに平均で浅層地下水位が16.2メートル、
深層地下水位が39.9メートル低下すると推定されています。
地下水位の低下だけでなく、帯水層の枯渇、地番沈下などの
生態学的な問題も引き起こしているそうです。


次回は、水質の汚染について取り上げていきたいと思います。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから