こんにちは。

今回は、古着のリサイクルについて取り上げます。


回収された古着は選別され、
まだ使用できる古着は海外でリユースされます。

残った古着は綿の状態に戻したり、裁断加工されます。
綿の状態に戻したものはフェルトになり、
繊維のリサイクル商品に生まれ変わります。
フェルトになる以外にも紡績して、
軍手に生まれ変わります。
裁断加工されたものはウエスになり、
繊維のリサイクル商品に生まれ変わります。


古着のリサイクルは、アルミ缶やペットボトルのリサイクルに比べると、
とても低く、2割程度しかリサイクルされていません。
リサイクルすることで、ごみを減らすことができます。
リサイクル率を上げていかなかればなりませんね。


次回も分別されたごみが、
どのようにリサイクルされているか取り上げていきたいを思います。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから