こんにちは。

本日も家庭での地球温暖化対策について取り上げました。


前回、前々回で家庭からでる二酸化炭素で、
1番目、2番目に多いものについて取り上げましたが、
今回は3番目に多いものを取り上げます。


家庭からでる二酸化炭素で3番目に多いのが、給湯や冷暖房の使用です。
給湯や冷暖房で使用するエネルギーを作るために排出される二酸化炭素は、
一世帯あたりの家庭からの総排出量の約14.3%に相当するそうです。


このエネルギーを節約するためには、
屋根や壁、床に適切な断熱処理をしたり、窓を複層ガラスを使ったり、
さらに太陽光温水器や太陽光発電などを取り入れることなどがあります。
でもこれには費用がかかって、すぐにはできないですよね?


そこで、冷暖房時にカーテンやブラインドを閉めたり、
空気層のある断熱シートを窓に貼ったりすることであれば、
費用もそんなにかからず、すぐに実践できますよね?

私もこの機会に実践していきたいと思います。

地球温暖化について複数回取り上げてきましたが、
様々な影響をとめるためには私も含め、みなさんの協力が必要です。
地球で暮らすすべての生き物がよりよい生活を送れるよう
ひとりひとりができることをやっていかなければなりませんね。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから