こんにちは。

本日も地球温暖化に伴う影響について取り上げました。


地球温暖化に伴う影響の1つとして、生態系への影響が挙げられます。
2014年11月に国際自然保護連合(IUCN)によって更新したIUCNレッドリストでは、
22,413種が絶滅危機であることがわかりました。


地球温暖化によって、数が減ってきている動物が多くいます。
その一つにホッキョクグマがいます。
ホッキョクグマは、2006年に絶滅危惧種に指定されています。


ホッキョクグマは、氷上にいるアザラシを狩って主食としてきたのですが、
地球温暖化の影響で氷河や氷床、永久凍土の融解することによって、
アザラシが休憩していた氷上がなくなるため、
主食であるアザラシの狩りができなくなっています。
そのため、ホッキョクグマは体重減少や餓死など、
健康状態の悪化が発生しているそうです。
このまま氷が融け続けると、ホッキョクグマはどんどん減っていきます。


ホッキョクグマやほかの動物、私たち人間も含めて、
安心して生活できるよう地球温暖化対策を進めていかなければならないですね。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから