こんにちは。

本日も地球温暖化に伴う影響について取り上げました。


地球温暖化に伴う影響の1つとして、気温への影響があるといわれています。


国連下部組織の気候変動に関する政府間パネルによって発行された
地球温暖化に関する報告書であるIPCC第4次評価報告書で、
地球の気温上昇について報告されています。
地球の平均地上気温は、複数のシナリオと気候モデルによる計算で、
1990年~2100年までの間に「1.1~6.4℃」上昇すると報告書で予測されています。


IPCC第4次評価報告書の予測どおり、2100年までに平均気温が上昇した場合、
日本の気候帯が4~5km/年のスピードで北上するという報告があります。

そういえば、日本の温かい地域にしかいない生物が、
北の寒い地域で発見されたというニュースを聞かれたことがありませんか?
もうすでに気候帯が北上していることが明らかですね。


温暖化をストップするため、みんなで協力して取り組んでいかなければなりませんね。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから