こんにちは。

さて今回は、前回ご説明した「光化学スモッグ」が、
私たちの身体にどのような影響をもたらすのかを取り上げました。

例えば、このような影響があります。


 ・ 目が痛い、涙が出る、チカチカする。
 ・ のどが痛い、せきが出る、息苦しく感じる。
 ・ 吐き気、頭痛がする。


といった症状が現われます。
また、お年寄りや、お子様、病気をお持ちの方、アレルギー体質の方などは、
症状が重篤化するケースがあるので注意が必要です。
また、注意報・警報が発令されている時に運動をすると、
重篤化する場合もあるようです。


最も気になるのは何を気をつけるべきなのかという事ですが、
完全に防ぐ対策というものは現在ありません。
花粉症やPM2.5対策用のマスクもほとんど意味がありません。


基本的に一番有効な対策は、
注意報・警報が発令されている時は外出を控えること。
また、外に出て気分が優れないときや疑わしい症状が出た場合には、
室内などで安静にしていればほとんどの症状はなくなります。
うがいや、シャワー等での皮膚の洗浄も不可欠です。


このような症状が出るということを知っておけば、
もし実際にそのような場面になったとしても有効な対策が取れそうですね。
実は、「光化学スモッグ」は発生しやすい地域や、季節などがあるようです。
次回は、そちらを取り上げていきたいと思います。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから