こんにちわ。
今回、テーマとして取り上げたいのは、巷で脚光を浴びつつある「ミドリムシ」についてです。

 
動物と植物の中間的性質を持つと言われている、
単細胞生物「ミドリムシ」(藻の一種で学名を「ユーグレナ」と言います。)は、
最近、ディーゼル車の燃料やダイエットなど生活から環境に関わるところから、
幅広く注目されています。
その「ミドリムシ」について、クローズアップしてみました。


「ミドリムシ」は淡水で普通に見られる生物で、特に浅いたまり水に多く、
春から夏にかけて水田などで頻繁に発生します。
水温上昇などで生育に適さない環境条件になると、細胞が丸くなってシスト状態となり、
水面が緑色に見えます。
そこから、「ミドリムシ」と名づけられたかは、不明ですが…。



さて、記憶にも新しい「ミドリムシ」を使った、ディーゼル車ですが、
その仕組みは、二酸化炭素(CO2)を
含む火力発電所の排ガスを使用して培養し、軽油に近い性質の油分を作り出すので、
ディーゼル車に代用できるんですね。
ただ、まだ実用化されるには、先の話で、まずは軽油に「ミドリムシ」から生成した燃料を5%以下に
混ぜた燃料から試験を始め、将来は「ミドリムシ」由来の燃料を100%にする事を
目指すと言う事だそうです。
「ミドリムシ」を利用したバイオディーゼル燃料の実用化とても楽しみです!
また、航空機用ジェット燃料も開発を行い実用化に向けて、期待が高まります!



CO2削減は勿論のこと、美容や健康にも期待出来るので、資源の少ない我が国にとっては、
とても頼もしい新エネルギーですよね!

その期待の星、「ミドリムシ」ですが、美容に関しては、色んな効果があります。
「ミドリムシ」に含まれる、特有成分「パラミロン」は、体内の不要な脂肪や有害物質を吸着し、
体外に排出してくれるデトックス作用があります。
その効果の高さから、ダイエット用としてサプリメントとしても密かに人気を集めています。
他にも、「ミドリムシ」が持つ栄養素は、59種類も有りビタミン・ミネラル・必須アミノ酸など、
ほぼ全てを兼ね備えた、万能な食材です。



「ミドリムシ」は、動物と植物両方の特性を持つ非常に稀な生物の為、そのパワーは底知れず!
しかも、「ミドリムシ」は細胞壁がないため、栄養吸収率は90%以上!
取り込んだ栄養素をほぼ丸ごと吸収できると言う訳ですね~。
いやぁ~。アッパレです…。
「ミドリムシ」について知れば知るほど、興味が沸いてきましたが、この「ミドリムシ」が近い将来、
次世代に繋ぐ新しいエネルギーとなる事は間違いないでしょう!