こんにちは。ブログは15回目となります。
今回は様々な土地利用で太陽光発電が進んでいるお話。 今回は、閉鎖された空港と、人工芝スキー場の広大な跡地を有効活用した太陽光発電施設です。
単純な跡地の有効活用にとどまらず、発電用パネルを一直線に並べたり、花形に配列したりと環境と観光に配慮した設計になっているようです。

エネルギー問題だけでなく、豊かさのための工夫もたくさん見られるようになってきましたね。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから