こんにちは。ブログも14回となりました。
今回は、少し難しいですが、温暖化に対して様々な角度から研究がされているお話です。



温暖化の進行が横ばいになっているというお話がありますが、このような可能性もあるのですね。
研究チームによると、地表で増大する、温室効果ガスが捕捉する太陽熱の量が増加しているにもかかわらず、海面温度はほとんど変化しないという現象がどのようにして起こり得るかは、深海水へ移動する熱の増加で説明がつくそうです。
イメージが難しいですが、測定値としての結果なので、可能性はあるのでしょう。

環境は、非常に複雑な要因によって変化しているのだなと、改めて感じました。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから