こんにちは。13回目は続いて不思議な太陽電池のお話です。

 
なんと、色鮮やかな太陽電池が開発されているようです。
この太陽電池、最新の技術と花々の美を融合した、実はこの色素増感型太陽電池になっており、室内の照明のような弱い光でも発電できる機能だけでなくイメージの面からも自然エネルギーの利用促進につながるのではないかと考えられているようですね。

様々な新しい環境製品は開発されていますね。。。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから

こんにちは。12回目のブログは一石二鳥なお話です。
 

埋め立ての終わったごみ処分場に太陽光パネルを建ててもらおうと、新たな補助制度が始まるようです。
適地の減っている太陽光発電を後押しすると同時に、迷惑施設のイメージがある処分場跡地の活用を進める一石二鳥を狙った取り組みなのですが、これによって2020年の導入目標の6割にも上るようです。
新しい取り組みや制度もたくさん始まっています。EPD室も、時代にマッチした開発を続けていきたいと考えています。。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから

こんにちは。ブログも11回を迎えました。
本日は、少し夢のあるスケールの大きなニュースです。



ドイツで造られた、世界最大のソーラーボートが人間が住んでいだ欧州最古の場所の1つを探し出すミッションに出発したそうです。
この船がスゴいのが、全長31メートル、総面積500平方メートル以上のソーラーパネルを電源とし、平均速度は7.5ノット(時速14キロメートル)で、2012年に太陽エネルギーだけで地球を一周した最初の船となったそうなんです。
昨日のエネルギーを消費してしまったニュースからも、こういった挑戦には注目したいですね。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから

↑このページのトップヘ