こんにちは。ブログも16回目です。
水道の力が使えるのか、、、気になるところです。



家庭まで水を送る水道の力による「小水力発電」で、どれだけの電気を作れるか、国が初めて全国調査に乗り出すそうです。
水道管の高低差や水圧差を利用して発電を考えている中で、上水道を使った発電は、新たに水路を造るなど大がかりな工事が不要で、水質がよく整備が簡単でコストが低く、全国で広がりつつあるとのこと。

身近な設備が、省エネにつながれば、より良い形で実現できそうですね。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから

こんにちは。ブログは15回目となります。
今回は様々な土地利用で太陽光発電が進んでいるお話。 今回は、閉鎖された空港と、人工芝スキー場の広大な跡地を有効活用した太陽光発電施設です。
単純な跡地の有効活用にとどまらず、発電用パネルを一直線に並べたり、花形に配列したりと環境と観光に配慮した設計になっているようです。

エネルギー問題だけでなく、豊かさのための工夫もたくさん見られるようになってきましたね。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから

こんにちは。ブログも14回となりました。
今回は、少し難しいですが、温暖化に対して様々な角度から研究がされているお話です。



温暖化の進行が横ばいになっているというお話がありますが、このような可能性もあるのですね。
研究チームによると、地表で増大する、温室効果ガスが捕捉する太陽熱の量が増加しているにもかかわらず、海面温度はほとんど変化しないという現象がどのようにして起こり得るかは、深海水へ移動する熱の増加で説明がつくそうです。
イメージが難しいですが、測定値としての結果なので、可能性はあるのでしょう。

環境は、非常に複雑な要因によって変化しているのだなと、改めて感じました。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから

↑このページのトップヘ