こんにちは。

これまでは大気汚染や地球温暖化等、
全世界で問題になっていることを中心に取り上げてきました。
今回は私たちの住む、日本の大きな問題である「ごみ問題」について取り上げていきます。


実は、日本人は世界一ゴミを排出する国なんです。


環境省発表データでは、日本人一人が1年間に排出するゴミの量は約320kgで、
二位のフランス(約180kg)、三位のドイツ(約140kg)、四位のアメリカ(約100kg)を
大きく引き離して一位です。
さらに焼却炉の数も日本が1243箇所と、
二位のアメリカの351箇所を大きく引き離して世界で一番多いのです。
つまり私たちは世界で一番ごみを出して、
それを燃やして処理している国ということになります。
普段生活していると日本の街はゴミが少なく、
「そんな問題本当にあるの?」と思いがちなのですが、
詳しく見てみるとこんな問題があったのですね。


現在日本の人口は減り続けていると言われています。
しかし何故ゴミが増えているのでしょうか??


例えばスーパーで、食料を買うとき、まとめて数日分の食材を買う方が多いと思います。
これをキッチリ使い切れば問題はないですが、結局使い切れず捨ててしまう事はないですか?
これが生ゴミになります。
家電製品や衣料品なども次々新しいものが発売されたり、流行が変わるので、
どんどん新しいものを買う方が多いと思います。
このような以前使っていたものも、捨てればゴミになります。
現在削減する努力がなされているお店が多いですが、ポリ袋やレジ袋もゴミになりますね。


まだまだ他にも挙げればキリが無いほど挙がりそうですが、
見てみると現在の快適な生活はたくさんゴミを排出していたということになります。


ですが、実は日本のリサイクルの技術は世界でもトップクラスといわれています。
こうしたゴミをリサイクルして再利用しようとする動きが強まっていますし、
ニュースなどでも良く取り上げられています。


次回はリサイクルの部分を含め、ゴミ問題をより深く掘り下げていきたいと思います。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから

こんにちは。

前回に続けて、有害物質であるダイオキシンを取り上げていきます。


どのような場面でダイオキシンが発生するのでしょうか?
主にごみやビニールを燃焼する時に発生します。


ですが、1997年に大気汚染防止法と廃棄物処理法が改正され、
焼却施設の煙突などから出るダイオキシン量の規制が行われています。


とても厳しい規制もあり、現在では1997年と比べて90%削減することができました。
故に最近耳にすることが減ってきたということでしょうか。


日常生活である程度のゴミが出るのは仕方がないことですし、
それを処理するためにダイオキシンが微量ながら出てしまうという事も
仕方がないといえると思います。


ただ、私達がゴミを削減できるよう努力し、無駄を減らす。
さらに国を挙げて規制などをしていけば大幅に改善されるという好例と言えますね。


空気汚染や地球温暖化が問題視されている今だからこそ、
ダイオキシンのように一つ一つ地道に改善していくことが重要なようですね。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから

こんにちは。

今回は、以前ブログでも紹介した大気汚染にあわせて、
最近は少し耳にする機会が減った、
「ダイオキシン」を取り上げていきます。


ダイオキシンは
「ポリ塩化ジベンゾダイオキシン(PCDD)」 「ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)」 「コプラナー(PCB)」
の3つの化学物質の総称で、
正確には「ダイオキシン類」と呼ばれます。


この中には非常に毒性が強い物質が含まれているのですが、
日本では発がん性などの影響をマウスを使って実験して調査に当たるなどしてきました。
その結果、主に以下のような人体への影響があると言われています。
・形児
・生殖異常
・発育異常
・発ガン
・造血障害
・免疫機能の低下


しかし、上記の影響は高濃度で摂取してしまった場合に限ります。
現在の日本の汚染レベルではまず人体には影響は無いだろうといわれています。


実はこの「ダイオキシン」、ベトナム戦争でアメリカが撒いた枯葉剤にも含まれていました。
その後、その地域に住む住人に流産、癌、奇形児が生まれるなど、様々な健康への影響が出ており、
高濃度になればその毒性が発揮されます。
実際に化学兵器として使用されていたこともあるので、とても恐いですよね…。


次回はどのような時にダイオキシンが発生するのか、
また、現状どのような状態になっているのかを取り上げていきます。

NKC EPD室の環境製品紹介はこちらから

↑このページのトップヘ